2015年11月20日

大自然から「為に生きる」ことを学ぼう!

どうも

久々の更新です。

ベナンです。

CARPの重要なテーマの一つである「為に生きる」ですが、

自然界でもクマノミとイソギンチャクの関係など、互いが互いのために生きているケースがいくつかあります。

そんな生き物たちの共生関係を少し紹介してみようと思います。

@ヤドカリとイソギンチャク
d5c665a4-s[1].jpg

わりとメジャーかもしれませんね。

少し分かりづらいかもしれませんが、写真のヤドカリは背中の貝にイソギンチャクを張り付けています。

ご存じのとおり、イソギンチャクは岩の上に張り付いているので移動しづらい生き物。

移動どころか、岩場がなければ生きることができません。

一方、ヤドカリは貝の中に入って身を守ってはいますが、自然界では敵に襲われやすい生き物。

貝という防御アイテムを持ってはいるものの、タコなどに襲われてしまえば、隠れた貝ごと嚙み砕かれてしまいます。

ならば、ヤドカリが背中にイソギンチャクを背負ってしまえばどうなるか?

イソギンチャクはエサのあるところに移動できるし、ヤドカリのエサを分けてもらうこともできる!

ヤドカリはイソギンチャクを貝に装着することで防御力アップ!

え、なぜかって?

イソギンチャクの触手には毒性の針(正式には刺胞)が仕込まれてるんです。

このイソギンチャクをはぎ取ってまでヤドカリを襲うという強者はかなり稀でしょう。

さらに関係が進んだタイプとしては、イソギンチャクの分泌物によって住みかとなる「殻」を入手するヤドカリもいるとか。

為に生きる関係ってどこまでも深くなれるもんなんですねー。


Aウツボとアカシマシラヒゲエビ
utsubo-ebi-1024[1].jpg

ウツボといえば有名な肉食魚ですよね。

そんなウツボの体表をクリーニングしているアカシマシラヒゲエビです。

このエビ以外にもオトヒメエビとかホンソメワケベラという魚は、大型の魚の体についている寄生虫や食べかすなどを食べることで、魚たちの体をお掃除しているのです。

ウツボの方もそれをよく理解しているようで、捕まえて食べてしまうどころか、どことなくリラックスしているようにも見えます。

このようなタイプの生き物をクリーナーというそうです。

自然界でも人間社会でも、相手を思いやる「清掃活動」は喜ばれるみたいですね。


Bアリとウツボカズラ
nepenthes-599856_640[1].jpg

ウツボカズラという植物を聞いたことがあるでしょうか?

食虫植物(文字通り虫を食べる植物)の代表格とも言えるウツボカズラは、甘い香りで昆虫たちを袋のような部分に誘い込み、袋の底にたまっている消化液で溶かして吸収するという特徴を持っています。

一度、袋に落ちてしまったら、周囲の壁は滑りやすくて登れないようになっている・・・昆虫たちからしてみたら最悪のトラップです。

そんなウツボカズラとアリが共生?!昆虫と食虫植物が助け合って、どんなメリットがあるの?!

と、不思議に思うかもしれません。

でも、自然は奥深いんですねー。

実はアリの仲間には、ウツボカズラの滑りやすい壁をスルスル登れる種類がいるそうなんです。

それどころか、なんと消化液の中にダイブして泳ぐことすらできるとか!

どんだけハイスペックなんだよ、そのアリ!・・・と思わずベナンは思ってしまいました。

そんなリスクを冒して何をするのかというと、ウツボカズラの中にいる、消化液の中で溺れた昆虫を捕まえて自分たちの巣に持ち帰ってるそうで・・・





ん?





ウツボカズラの獲物、パクッテんじゃん!!





・・・と、ツッコむのはまだ早い。

ウツボカズラの捕食方法には致命的なデメリットがあり、あまりに多くの昆虫が袋の中に溜まってきてしまうと、溶かしきれず自身の袋が腐って破れ、ウツボカズラの生命を危うくしてしまうというのです。

ウツボカズラ側は過食死を事前に防ぐことができ、アリ側は待ってるだけで食べ物を得ることができる。

しかも、ウツボカズラの消化液の中に寄生するボウフラもいるそうで、その駆除にもアリは一役買っているのだとか。

いやー

どんな相手にもニーズがあるものなんですね。

私たちももっと相手が求めていることをよく知って、相手を喜ばしていこうという努力が必要なのかもしれません。

自然から学べるものは、まだまだたくさんあるんだろうなあ、と思うベナンでありました。





posted by chu-o at 09:15| Comment(1) | TrackBack(0) | CARP紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですね!
自然を見渡せばいろんな生物がためにいきてるんですね!
Posted by ピース at 2015年11月29日 19:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック