2012年01月19日

第二回聖書検定 解答

どうも、やくもです。

明けましておめでとうございます。

新年になりましたので、さっそく聖書検定の解答を行いたいと思います。

それでは参りましょう!


@の解答。正解はD「昼と夜」!
「光あれ」と神が言うと、光と闇が生じた。神はこの「光と闇」をそれぞれ「昼と夜」と名付けたそうです。それにしても、最初の創造が「光あれ」とは・・・もしかしてビッグバンのことなんでしょうか??


Aの解答。正解はA「バラバ」!
過越祭りの特赦に対し、イエスの代わりに赦された強盗。イエスとバラバのどちらを赦すか、というローマ総督ピラトの問いに対し、ユダヤ人たちはイエスを十字架にかけろと叫びました。この行動がやがて彼ら民族の悲劇につながるとも知らずに・・・。ちなみにウルトラマンAには「殺し屋超獣バラバ」という全身武器の怪獣が出てきます(でも実はそんなに強くありません)。


Bの解答。正解はC「モリヤ山」!
Aのアララテ山はノアの方舟が流れ着いた山です。Bのシナイ山はモーセが神から召命を受けたり、十戒の石版を与えられたところ、Dのピスガ山は死期の迫ったモーセをこの山に登らせ、約束の地カナンを一望させた山として知られています。


Cの解答。正解はC「31人」!
エリコ城を七たび回る話などは非常に有名ですね。


Dの解答。正解はA「エリシャ」!
エリシャは預言者エリヤの愛弟子でもあります。Bのイザヤは神へのおそれとメシヤ待望を語った信仰の預言者で、Cのホセアは神がイスラエルを不変の愛で愛してくれること訴えた愛の預言者であり、Dのアモスは当時の社会を激しく批判した審判の預言者でした。


Eの解答。正解はD「ハエの王」!
本来は「バアル・ゼブル」と呼ばれていたらしいです。これは旧約聖書によく出てくるバアルの神のことで、早い話が「バアルの神=悪霊の頭ベルゼブル」ということ。


Fの解答。正解はB「両腕が銀でできている」!
これはバビロニヤのネブカデネザル王が見た夢に出てくる巨人像の特徴です。詳しくはダニエル書第二章を参照してください。ちなみに黙示録の怪物はローマの皇帝という説などがありますが、個人的には共産主義の脅威を表しているのではないかと考えています。


Gの解答。正解はC「デナ」!
聖書はどうやら女性を省く傾向にあるようですが、彼女が聖書に記録されているのはある事件に巻き込まれたからです。ヒビ人シケムによって貞操を奪われ結婚を迫られるという事件で、その後、復讐を誓った彼女の兄弟シメオンとレビにより救い出されています。


Hの解答。正解はD「伝令の神ヘルメス」!
ちなみにパウロと同行していたバルナバという男は最高神であるゼウスに間違われています。パウロより格上に見えたのでしょうか?


Iの解答。正解はA「商人の祖ナアマ」!
実はナアマは女性で、聖書には「トバルカインの妹」としか記されていないのでした。それにしても、人類初の殺人者カインからさまざまな文化人が出ていたとは意外です。カイン自身も本当は優秀な人物だったのかもしれませんね(地の産物をつくれるぐらいですから、少なくともバカではなかったはず)。


以上です。

この試験が聖書を親しむ一助となれば幸いです。

ではまた。



posted by chu-o at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/246970940

この記事へのトラックバック