2012年06月11日

ストーリーウォーズ第4章

ストーリーウォーズ 

脚本:やくも


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第四章 「援軍登場」


(そのとき、突如として巨大なつむじ風が巻き起こる。そして、その風の中から孫悟空が登場。)

 悟空:ヒーローが登場するにはいい舞台だねえ。よお、そこのデカブツ、俺と勝負しな。

 ゴリ:な、何?!サルのくせに生意気な!ひねりつぶしてやる!

 悟空:できるもんならやってみな!それ、分身の術!

(百人くらいの分身が一気に現れ、ゴリアテ軍をなぎ倒していく)

 ゴリ:ぐわー!!

 ガヴ:なんじゃこりゃー?!ありかよ?!

 悟空:アリもキリギリスもねえよ。バトルってのはな、ノリと勢いなんだよ!

 悟浄:おーい、兄貴―!町にいた兵士たちはみんなやっつけといたぜ!

 八戒:ついでにやられそうになってたやつらがいたから助けといた。

 白雪:ドワーフ!無事だったのね!

 ゴリ:そ、そんな・・・。

 悟空:残念だったな。じゃ、あばよ!(一撃で倒されるゴリアテ)

 ガヴ:すげえ・・・旦那より強ぇかも・・・。

 ヤギ:(ヨロヨロと起き上がり)ゴリアテは倒したが、このままでは・・・。姫、すぐ街に行きましょう!早く火事を止めなければ・・・。

 八戒:あー、大丈夫、大丈夫。オイラの「ヒクイドリの術」で火は全部食っちまったから。

 ガヴ:はぁ?!火を食ったァ?!

 ヤギ:ふざけるな!そんなことできるわけないだろ!

ドワフ:いや、本当じゃ。事実、町の火は残らず消されとる。
 
 悟浄:こいつ、見かけによらず俺たちよりも豪快な術使うんだよ。使える術は少ないけど、な。

 八戒:えへへへ。お恥ずかしい限りで。

 白雪:なんとも頼もしい・・・。見ず知らずの方々。助けていただき、感謝します。

 三蔵:いえ、お礼はバルトに言うべきです。我々は彼のおかげでここに駆けつけることができたのですから

 ヤギ:あ、あいつが・・・?

 三蔵:私も彼の過去は知っています。ですが、彼は変わりました。過去に奪った命よりもたくさんの命を救う決意を彼がしたことを私は知っています。

 ヤギ:信じられない・・・。

 白雪:誰もが生まれ変わることができる、か・・・。

 ガヴ:だから言ったじゃねーか!俺の言ったとおりだったろ?そんなことより、ぼーさんよぉ!旦那はどこだよ!

 悟空:てめえ、口の利き方に気をつけやがれ!あの狼野郎なら、恩人に会いに行くとか言ってたぜ。

 ガヴ:じゃあ、女王の城だな!こうしちゃいられねえ!俺も行くぜ!

ドワフ:おい!人質が何勝手に決めとんじゃい!

 白雪:いや、ゴリアテ将軍が敗れたと知れば、また敵が攻めてくるのは時間の問題だ。ここはあえて女王側に先手を打たれる前に、こちらから行動を起こそう。

 八戒:また戦うのかい?今日は腹の減る日だな〜。

 悟浄:ならいい考えがある。街に俺たちが倒した兵士たちがまだのびてるから、その鎧を奪って、反乱軍のメンバーが女王軍になりすますってのはどうだ?

ドワフ:なるほどのう。敵になりすまして、何食わぬ顔で城に戻れば・・・。

 ヤギ:城のやつらは一仕事終えた仲間が帰ってきたと思い込んで、城門を開く。
 
 白兎:城に入ればこちらのものです!姫様も私も城の中は我が家も同然!

 白雪:ついでに我らの恩人であるバルト殿もお助けするとしよう。

 ガヴ:おおー!話が分かるじゃねえか、姉ちゃん!

 三蔵:急ぎましょう。時を失うわけにはいきません。

-----------------------------------------------------------------------------------

次章、ついに明かされるバルトの過去・・・・・。

posted by chu-o at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 中央のネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする